吉田隊長の後悔日誌

アクセスカウンタ

zoom RSS 「Eight Days A Week」 The Touring Years

<<   作成日時 : 2017/03/28 09:19   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 ロン・ハワード監督によるビートルズのドキュメンタリー映画。。今さらビートルズの映画なんて。。と思ったのだが。。


解説
 ポール・マッカートニーやリンゴ・スターという存命のメンバーや、ヨーコ・オノ・レノン、ジョージ・ハリスンの未亡人オリビア・ハリスンら関係者の全面協力のもと製作された「ザ・ビートルズ」の公式ドキュメンタリー映画。
 監督をロン・ハワードが務めた。初期のリバプール時代から、1963年に始まった15カ国90都市166公演におよぶツアー、そして観客の前での最後の演奏となった66年のサンフランシスコ・キャンドルスティック・パーク公演までのライブ映像を中心に、関係者などのインタビューを織り交ぜながら、ビートルズの曲の変遷、半世紀以上も愛され続ける彼らの人気の理由を探る。
 日本公開版は、66年の来日時のエピソードが長めに収められた特別版となっており、日本武道館でのライブシーンや、来日時のビートルズの撮影を担当したカメラマン・浅井慎平のインタビューも盛り込まれている。

「映画.com」より(http://eiga.com/movie/84419/


 ロン・ハワード監督は「アメリカン・グラフィティー」に出演したあと「アポロ13」「フロスト×ニクソン」などの監督として成功を収めアカデミー作品賞・監督賞の栄誉に輝いている。。ダン・ブラウンの「ダ・ヴィンチ・コード」シリーズも手がけ最近では「インフェルノ」を製作。。
 そうなるとただの記録映画ではないような気がしてくる。。それなら観なきゃ。。1995年の「Beatles Anthology」と何が違うのか。。という思いはあったのだが。。

 題名どおりビートルズがライブ・ツアーを行っていた時代にスポットを当てた映画。。
 危惧していたような過去に発表されたフィルムの使い回しは少ないようだ。。いや、あることはあるのだが驚異的に補修?されている。。
 驚いたのは最初のアメリカ公演である「ワシントン・コロシアム」での映像。。何度も観たシーンだがカラー版は初めて。。昔観たのはモノクロでしかもひじょうに画質の悪いものだったが。。今回は鮮明。。こういうフィルムが発見されたのだろうか。。それとも復元作業の結果だとしたら驚異としか言いようがない。。音質も良好。。これは最新技術によるリマスタリングの成果だろう。。

 当時のビートルズ・ファンとして「シガニーウィーバー」「エルビス・コステロ」「ウーピー・ゴールドパーク」などが登場する。。「ウーピー・ゴールドパーク」の想い出が微笑ましい。。
 家は貧乏で食べ物にも困る生活だったが、ある日母親が突然「今日は出かけるよ!」と行き先も言わずに連れ出した先はシェイ・スタジアム。。
 なんとビートルズの公演に連れて行ってくれたのだ。。娘に送ったサプライズ。。そんな母親が愛おしい。。というようにうれしそうに話す。。

 Touring Yearsなのでツアーに同行していたジャーナリスト「ラリー・ケイン」も登場する。。私が入院中に持ち込んで読み直した「ビートルズ1964-65 マジカル・ヒストリー・ツアー」の著者だ。。
 当時の映像(移動する飛行機の中とか。。)やら「ラリー・ケイン」が本社に送っていた取材報告の音声も。。生々しい記録。。

 感心したのはアメリカ南部ジャクソンビルでのコンサートを前にしたインタビューで人種差別に反対する発言を堂々としていること。。「人種によって観客席を分けるなんてばかげている。。」
 ジョン・レノンが中心となってそう主張する。。やはりジョンって偉かったな。。その後ろで頭を抱えているブライアン・エプスタイン。。「ほどほどにしてくれよ。。ジョン。。」

 この当時最大規模のライブ。。「シェイ・スタジアム」での想い出をジョージが語る。。何万人という聴衆相手だからとVOX社が特注のアンプを作ってくれた。。「それでもせいぜい100Wだったんだよね。。」
 現在のように「東京ドーム」や何十万人の前で演奏するようなことは考えられない時代だった。。

 「もうツアーは止めよう!」と決意するあたりのエピソードには胸が痛む。。ああ、ビートルズは本当に消耗しきっていたんだな。。囚人護送車で移動なんて。。
 なら仕方ないよな。。自分たちが何をやっているのか。。方向も見失っていたのだろう。。
 ライブを止めスタジオ・ワークに勤しんでいた頃の彼らの声も紹介される。。「音楽に向き合うことがこんなに楽しいとは。。」やはり根っからのミュージシャン。。
 最後のライブ映像は当然アップル社屋上でのゲリラ・ライブ。。しかし見たことのない映像。。こんなのまだまだあるのかしら。。

 エンディング・ロールでファン・クラブ会員向けソノシートの音声が流れる。。そしてこれが泣かせる。。おそらくファン・クラブ結成した年の初めてのクリスマス・プレゼントなのだろう。。
 「やあみんな元気かい?今年はエキサイティングな年だった。。あちこちで一生懸命演奏するから楽しみにしていてね。。」
 希望に満ちた初々しい頃もあった。。






画像





テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「Eight Days A Week」 The Touring Years 吉田隊長の後悔日誌/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる