吉田隊長の後悔日誌

アクセスカウンタ

zoom RSS ポール・マッカートニーだよ One On One!

<<   作成日時 : 2017/04/29 09:07   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 二年ぶりにやってきてくれました。。いそいそ出かける東京ドーム。。このときばかりは住んでいてよかった。。東京。。と思う。。

 正直に言うと実は今回の「One On One」と題された公演。。当初は乗り気ではなかった。。

 昨年末の紅白歌合戦。。息子からLINEメールが。。「ポールが紅白のメッセージで来年は日本に行くよ。。と言ってる。。」
 そうか。。でも俺はもういいかな。。と煮え切らなかった。。また同じような曲と構成のライブと思ったし。。少し休みたいし。。てな気分だった。。
 
 その後なかなかアクションを起こさない私に息子からテレビ電話が。。言葉を濁していると「できるだけ複数でアタックしないとチケット当たらないよ。。」
 「そうかそうだね。。よし分かった!」とは女房の返事。。

 その結果。。何のことはない私も息子もチケット当たってしまった。。そんなこんなで当日を迎える。。
 東京ドーム参加メンバーは私と女房。。そして息子。。前回参加した息子の嫁はパス。。申し訳ない。。
 開演前息子に嫁と孫からテレビ電話が。。向こうに映っているはずのこちら側は照明も暗い客席だから孫は訳分からず不思議そうだった。。

 このライブは二回も観ることになった「Out There」ライブとは当然ながら違うものだった。。

 オープニングが「A Hard Day's Night」というのは知っていたのだがそのあとの展開は未知。。
 二曲目に「Junior's Farm」が始まったとき「これなんだろ?」と少しボーッとしていたが前回のときの報告ブログで「たまにはジュニアズ・ファームでもやってくれればいいのに。。」と書いた記憶があるのを思い出し。。信じられなーい!

 終了して気がついたのは定番だった「Jet」と「I Saw Her Standing There」を取り上げなかったこと。。ただ新たに演奏する曲も増えたのでしかたがない。。
 ポールはあまり次の曲タイトルを紹介しないので始まってみないと分からない。。という部分が多いのだが。。しかしイントロだけでワーッと盛り上がったのは意外や意外。。「Love Me Do」。。
 このハーモニカメロディー。。強烈!!ビートルズのデビュー曲ながらいまいち感の残るナンバーだと思っていたが、、なかなか。。やはりビートルズはいい曲を残している。。
 「東京ドームでは初めてだよ。。」と「I Wanna Be Your Man」が始まる。。このシンプルさ。。直球勝負はたまらない。。
 今回はウィングス時代の曲も多かったような。。「ワインカラーの少女(Letting Go)」「Junior's Farm」「西暦1985年」「Hi Hi Hi」などなど。。しかし何よりビートルズ時代の「You Won't See Me」「And I Love Her」「I've Got a Feeling」など泣かせるよ。。
 これ以上はネタバレになるので控えよう。。

 ポールのライブはすべて観てきたことになるが声の調子は今回が一番よかったのでは。。ひやひやする場面がなかった。。パフォーマンスにも余裕が感じられ「ポールってなんか面白いやつ。。」という印象。。

 私たちの隣の席にはおじいちゃんに連れられてきた幼い男の子が。。
 初めてのポール・マッカートニー公演(1990 Get Back Tour)にまだ幼かった息子と娘を連れてきた頃を思い出した。。
 隣の子は小学一年生らしい。。眠くなってきたのだが大音量で寝られず苦労していたみたい。。しかし「007死ぬのは奴らだ(Live and Let Die)」での大花火大会には目を見張っていた。。
 

 私事で言えば二年前のときは膝から下の装具をつけた状態で観戦。。今回はそれがない。。それだけでも大いなる進歩。。そう思いたい。。
 何だか今回は息子からハッパかけられまくって観に来たような塩梅だったが。。やっぱり来てよかったな。。
 「よく声が出るわね。。これじゃ二年後もまた来てくれるわ。。」とは女房の言葉。。そうだね。。そう思いたいね。。そしたらまた参加するしかないな。。





画像



Live and Let Die
画像





 

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ポール・マッカートニーだよ One On One! 吉田隊長の後悔日誌/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる