吉田隊長の後悔日誌

アクセスカウンタ

zoom RSS 思わぬ深みに。。

<<   作成日時 : 2017/05/23 02:22   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 「副会長とは言っても一番負担の軽い役だからね。。」前年度会長の暖かいお言葉だったのだが。。予想もしなかった展開に。。

 「吉田さんもお祭りの実行委員ということでお願いしますよ。。」 
 中華料理店に呼び出された私にこう切り出したのは、かつては役員だったがその後「相談役」として町会の面倒をみている人。。(経験者が後進の育成のために世話役的な形で残ることはいいことだと思う。。私も前の町会ではあとに続く人たちの負担を軽減するためにも同じようなシステムの「顧問制度」を発案、制度化したが私がいる間にはどうも定着しなかった。。現行会長の要請があれば。。と一歩引いていたのがよくなかったのかもしれない。。)

 今の町会は3,000世帯ほどで四つの町会に分かれている。その中でも私の町会が約900世帯で最大。。毎年の町会活動はそれぞれの町会ごとに活動するのだがお祭りとなると全体まとまってのイベントとなる。。さらに今年は私の住む町会が幹事町会となっている。。それが大変なのだ。。

 「私は何をやればいいのですか?」
 「幹事町会なので作る資料が膨大。。情報集めや他町会とのすりあわせ等は自分たちがやるから吉田さんにはそれらのとりまとめ、文書化をお願いしたい。。」とのこと。。ああ、それならば在宅勤務みたいなものなので少しはお力になれるかな。。と思った。。あっちへ行ってくれ、こっちで交渉してきてくれ。。とかいうんじゃ荷は重いけど。。

 「ありがたい。。ひじょうに助かる。。過去のデータをお渡ししておきます。これをアレンジすれば少しは楽かと思います。」と渡されたデータは4ギガほどでDVD-Rに目一杯。。ちょっと暗くなった。。

 なんとか委員会用の資料ができあがり四つの町会が集まる第一回実行委員会は開催された。「私も絡んだから顔くらい出して片隅で聞いていたほうがいいですよね。」。。
 いやいや出席までしなくていいですよ。。とか言われるのではないかと思っていたが「いや、吉田さんは会長の横あたりに座ってください。。なにしろ幹事町会ですから。。」
 
 迎えた当日。。会長の横になんかとても座れないよ。。と私は受付のそばでお手伝いすることにした。。このほうが気楽。。
 
 思えばこの二週間ほど。。確かに忙しかった。。あちらこちらから修正意見が舞い込む。。また、気がつくと町の長老宅におじゃまして発泡酒ご馳走になっているし(もちろん打合せという名目が主体)。。そればかりではない。。本来の副会長として。。あるいは地区委員としての仕事もある。。忙殺。。思わぬ深みにどんどんはまり込んでいるような。。
 「初めて会ったときからこの人は我々の仲間だ。。と直感した。。」「必ず町会の力になってくれると思っていた。。」とか褒め殺しもいいとこ。。

 でも前から気になっていた市民センター(家から歩いても行ける距離。。)に資料印刷手伝いのために行ってみることもできたし。。ついでにそこの音楽室について下調べもできたし。。まあ、それは新たな展開かな。。


 本日も会館で打合せ。。家に帰り着いたのは午前1時。。八王子で二番目の高さを誇る。。という「やぐら」で行われる伝統ある演目のしきり役をやってほしい。。という要請を何とか断ってきた。。今の私の状況では無理な話であろう。。代わりに音響全般のコーディネートみたいなことをやらざるを得ないのはしょうがない。。とあきらめる。。

 今年のお祭り。。私も主体的に関わらざるを得ないから、開催日が一緒の前町会の納涼祭に儀礼的にでも顔を出すことなんてまったくムリであろう。。という点だけが気にかかる。。

 しかし何で急激にこんな展開になってしまったかな。。





市民センター
画像









テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
思わぬ深みに。。 吉田隊長の後悔日誌/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる