吉田隊長の後悔日誌

アクセスカウンタ

zoom RSS 世にも不思議な怪奇ドラマの世界

<<   作成日時 : 2017/05/27 08:31   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 ありそうでなかった特集本。。総365ページの大作。。著者はSF作家、ゲームデザイナーの「山本弘」氏。。監修として評論家の「尾之上浩司」氏が深く関わっているよう。。

 著者「山本弘」氏は本書「はじめに」で現在のフジテレビの「世にも奇妙な物語」や、はたまた「ほんとにあった怖い話」などの番組のルーツは1950年から60年にかけて放映されていた米国製「世にも不思議な物語」や「ミステリー・ゾーン」にあると熱く語る。。同感である。。
 そして著者は、近年、昔のテレビ番組などを取り上げる風潮はあるものの「ミステリー・ゾーン」についてきちっと説明したものが少ない。。「僕はこの現状が許せない。」(P.003)と憤る。。

 本書の構成。。
 第一部「世にも不思議な物語」。。第二部「ミステリー・ゾーン」で二大番組を特集し。。第三部「あなたの知らない海外SF/ホラー/ファンタジー・アンソロジー番組」ではそれら以外のもの(「アウター・リミッツ」「オーソン・ウェルズ劇場」や日本に紹介されなかったものも含む。。)をとりあげている。。これでもう必要十分かと。。

 数えるのも面倒なので数えてないが本書は第二部「ミステリー・ゾーン」に割かれたページ数が圧倒的に多い。。第一部と第三部を合わせたってまったく太刀打ちできないくらい。。
 私も「世にも不思議な物語」というドラマについては思い入れがない。。というか札幌ではテレビ放映されていなかったのではないか。。としか思えない。。観た記憶がまったくない。。

 この本は番組のすべてのエピソードをネタバレしない程度に記載しているのだがそのボリュームもすごい。。なにせすべて網羅。。そしてよくここまで調べ上げたものだ。。個々のエピソードの放映期日、脚本、演出、主演。。何よりも原題をきちっと明記してあるのは資料としても一級であろう。。
 しかし「世にも不思議な物語」の一つ一つのエピソードに目を通すのは若干つらいものがあった。。なにしろ馴染みもないのだし。。
 それが第二部「ミステリー・ゾーン」になると様相が変わった。。(あくまでも個人的な感想だが)作品の質が違うのではなかろうか。。一つ一つのエピソードも読んでいて面白い。。自分が観たエピソードはこれだったのか!と懐かしくもなる。。
 ということで以下は「ミステリー・ゾーン」について記述。。

 この番組を語る上で外せないのは番組冒頭に必ず登場し案内役を務める「ロッド・サーリング」の存在。。ハイスクール卒業後は陸軍兵として第二次世界大戦に従軍。。除隊後カレッジに入学。。以後脚本家として名を成す。。自らプロダクションを立ち上げ企画・製作に乗り出したのが「The Twilight Zone」。。これが日本では「ミステリー・ゾーン」と題される。。
 中学生の頃この番組オープニングの英題が「トワイライト・ゾーン」とは読めなくて不思議に思っていた。。そもそも「Twilight」という単語を知らなかった。。「え?ミステリー・ゾーンじゃないの?」。。観ると怖くてトイレに行けなくなる「トイレット・ゾーン」ということなのかな???それにしてはスペリングが違うみたいだけど。。なんてまだまだウブな頃だった。。

 原作者にはSF作家も起用しているのだが。。その顔ぶれが今となってはすごい。。「レイ・ブラッドベリ」「リチャード・マシスン」「チャールズ・ボーモント」。。その他。。

 「ミステリー・ゾーン」が他と一線を画していたのは「ロッド・サーリング」の思想性によるところが大きい。。とも言える。。特に彼の第二次世界大戦従軍の経験が決定的だったようだ。。
 「ロッド・サーリング」は普通にドラマ化したら通らない企画もSFやファンタジー仕立てにしてしまえば検閲も避けられる。。と考えたらしい。。なかなか骨のある人物のようだ。。だから面白かったのもしれない。。CGもパソコンもない時代に派手さはないけど大人の視聴に耐えうる良質なドラマを作りあげた実績は永く記憶されるべきだ。。

 ながらく未知の彼方にあった「ミステリー・ゾーン」の全貌?を知ることができた。。著者渾身の仕事と感嘆する。。
 
 
 



画像







テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
世にも不思議な怪奇ドラマの世界 吉田隊長の後悔日誌/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる