アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「Movie Room」のブログ記事

みんなの「Movie Room」ブログ

タイトル 日 時
「レッキング・クルー」 DISC 2
「レッキング・クルー」 DISC 2  以前に取り上げた映画「レッキング・クルー」のDVDには390分という長尺の特典ディスクがついている。。これもなかなか。。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/06/24 09:59
「レッキング・クルー」 伝説のミュージシャンたち
「レッキング・クルー」 伝説のミュージシャンたち  私のブログで数回取り上げたことがある伝説のスタジオ・ミュージシャンたちのドキュメンタリー。。やっと観ることができた。。動く「ハル・ブレイン」や「キャロル・ケイ」。。「トミー・テデスコ」。。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/05/15 08:18
「ブルックリン」 ふるさとは遠きにありて。。
「ブルックリン」 ふるさとは遠きにありて。。  アイルランドの静かな片田舎からアメリカ大陸のブルックリンに希望を求めて移住するひとりの女性の物語。。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/04/25 08:34
「Eight Days A Week」 The Touring Years
「Eight Days A Week」 The Touring Years  ロン・ハワード監督によるビートルズのドキュメンタリー映画。。今さらビートルズの映画なんて。。と思ったのだが。。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/03/28 09:19
「百円の恋」 安藤サクラに尽きる。。
「百円の恋」 安藤サクラに尽きる。。  「安藤サクラ」という女優は数少ないプロの女優。。この映画は彼女なしには考えられない。。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/03/08 11:08
「さざなみ」 心まで奪われては。。 
「さざなみ」 心まで奪われては。。   この映画を評する力は私にはないと思う。。しかしこの映画を紹介する権限くらいはある。。観たんだから。。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/02/24 09:05
「Dearダニー 君へのうた」 ジョン・レノンからの手紙
「Dearダニー 君へのうた」 ジョン・レノンからの手紙  予告編を見て本編を鑑賞したいなと思えることもある。。この映画がまさしくそう。。決め手は若い頃にジョン・レノンからの手紙を受け取れなかったミュージシャンがいた。。という事実。。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2017/01/27 10:01
「あの日の声を探して」 悲劇は終わらない。。
「あの日の声を探して」 悲劇は終わらない。。  ケーブル・テレビで放映していたので途中から見始めた。。これは最初からきちんと見なければダメだ!とDVDレンタルショップへ。。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/01/07 09:19
「イット・フォローズ」 恐怖はあとからやってくる。。
「イット・フォローズ」 恐怖はあとからやってくる。。  「それはついてくる」。。恐い題名。。観ているときはそれほどとは思わないが、、なんだったんだろう。。あれは?とあとから考え込んでしまう。。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/12/10 10:07
「アナザー・プラネット」 もう一つの地球。。 
「アナザー・プラネット」 もう一つの地球。。   11月14日の「スーパームーン」は残念だった、ここ関東ではあいにくの雨空。。21世紀中最大に見える。。というので楽しみにしていたんだが。。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/11/20 16:48
「シン・ゴジラ」 対応迫られる日本政府。。
「シン・ゴジラ」 対応迫られる日本政府。。  「ゴジラ観に行きますかぁ。。」秋晴れの朝の女房の一言。。久しぶりに劇場へ。。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/10/27 08:52
「ビッグ・フィッシュ」 不思議な現象が。。
「ビッグ・フィッシュ」 不思議な現象が。。  ティム・バートン監督による2003年作のファンタジー映画。。見逃していた気になる作品。。ということで見始めたのだが。。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/09/25 13:20
「やさしい本泥棒」 やさしいのは周りの人々。。
「やさしい本泥棒」 やさしいのは周りの人々。。  まったくの予備知識なしで鑑賞。。それもそのはず劇場公開されなかった作品なのだそうだ。。どういう内容なのか一切知らないまま見始めた。。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/09/05 11:16
「オデッセイ」 火星ひとりぼっち。。
「オデッセイ」 火星ひとりぼっち。。  宇宙。。火星を舞台にしたSF映画。。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/08/16 09:28
「モンスターズ/地球外生命体」
「モンスターズ/地球外生命体」  SFというよりは男女のロードムービー。。との噂から「B級」の香りを強く感じ敬遠していた。。5年前の映画。。続編ができるくらいだから前作も観ておいたほうがいいかな。。程度だったのだが、いざ観てみるとこれがあなどれない。。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/07/23 08:59
「はじまりのうた」 音楽は風景を変える。。
「はじまりのうた」 音楽は風景を変える。。  どうってことのない映画なのだが。。きらりと光るシーンがある。。音楽好きには特に。。。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/06/13 09:33
ラブ&マーシー 終わらないメロディー
ラブ&マーシー 終わらないメロディー  ビーチ・ボーイズのベーシストでありリーダーだった「ブライアン・ウィルソン」の半生を描いた作品。。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/06/05 08:18
「プリデスティネーション」 一人の人間の宿命。。。
「プリデスティネーション」 一人の人間の宿命。。。  近頃評判のイーサン・ホーク主演のSFもの。。という触れ込みで観た映画。。しかしこれがなかなかのもの。。鑑賞しているときもそのあともずーっと考え込んでしまう。。。ということは傑作と評してもいいと思う。。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/03/13 10:07
映画「Let it be」
映画「Let it be」  若いころは映画館に足を運びその度にパンフレットを購入するのが楽しみの一つだった。。このビートルズ最後の映画のパンフも迷わず購入。。今では貴重品の類。。かな。。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/01/23 08:47
「Slow Train Running」と「長州ファイブ」
「Slow Train Running」と「長州ファイブ」  高校生の頃は今が幕末の世なら自分も維新の志士として歴史に参加し生きがいもあるだろう。。と憧れに近いものがあった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/08/29 08:50
「ジャージー・ボーイズ」 ボブ・ゴーディオの才能。。
「ジャージー・ボーイズ」 ボブ・ゴーディオの才能。。  そのプロフィールをあまり知られることのない「フォー・シーズンズ」の物語。。クリント・イーストウッド監督はどのように描くのだろう。。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/08/05 09:54
「フランキー&アリス」 渾身のハル・ベリー
「フランキー&アリス」 渾身のハル・ベリー  自分の中に別人格を持つ解離性同一性障害に苦しむ女性の実話を基にハル・ベリーが自らプロデューサーを務め主演するヒューマンドラマ。監督はジェフリー・サックス。共演はステラン・スカルスガルド、フィリシア・ラシャド。(MovieWalkerより) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/07/13 08:50
私のハワイの歩き方(その4 機上で「チャッピー」)
私のハワイの歩き方(その4 機上で「チャッピー」)  あっという間の。。ホントにあっという間の数日の滞在だった。。いよいよ帰国日を迎える。。。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2015/06/22 08:56
「ゼロ・グラビティ」 重力ある世界へ。。。
「ゼロ・グラビティ」 重力ある世界へ。。。  アルフォンソ・キュアロン監督が無重力(ゼロ・グラビティ)の宇宙空間を舞台に贈るSFサスペンス。(allcinema解説より) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/06/07 08:33
「陽だまりの彼女」 素敵じゃないか。。。
「陽だまりの彼女」 素敵じゃないか。。。  何故か気になって観てしまった映画。。。悪くないと思う、、もとはベストセラーの小説だったのか。。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/04/09 09:00
「パラサイト」 やっぱり面白い。。
「パラサイト」 やっぱり面白い。。  この映画何度も観た。。テレビでビデオで。。。今回DVD借りて再視聴。。やっぱり面白い。。。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/03/14 09:20
「トランス・ワールド」 それぞれの人生。。。
「トランス・ワールド」 それぞれの人生。。。  とある山小屋を舞台にした不可思議な物語。。B級テイスト全開ながら健闘作!テレビ・ドラマのようでもあると言われるが。。。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2014/12/28 21:52
私の「メメント」
私の「メメント」 「メメント」という映画がある。「バットマン・ビギンズ」「ダークナイト」の監督クリストファー・ノーランの出世作。10分しか記憶を維持できない男の話であり、映画は時系列が逆に展開する。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2014/07/10 07:22
思い出のアメリカテレビ映画
思い出のアメリカテレビ映画  「『スーパーマン』から『スパイ大作戦』まで」と副題がつく。そう!あの頃のアメリカ発テレビムービーについての一冊。。病院に持ち込み入院中に読破。。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/06/04 06:30
禁断の惑星(1956) 私にとっては古典SFの傑作
禁断の惑星(1956) 私にとっては古典SFの傑作  古い映画である。大学生の頃も二度ほどテレビ放映で視聴。その当時でも「古い映画だなあ。。」と微笑みながらの鑑賞であったが結末への展開には意外な驚きがあった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/04/25 11:36
「ロスト・ボディ」 見事にだまされる。。。
「ロスト・ボディ」 見事にだまされる。。。  スペイン映画「ロスト・ボディ」はよくできた脚本と演出で観客を欺く。。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/04/01 11:00
「きっと、うまくいく」 笑って泣いて。。そして痛快!
「きっと、うまくいく」 笑って泣いて。。そして痛快!  さすがボリウッド映画!しかしどういうわけか、日本公開はインドでの公開から4年後となった。とは言っても最高の映画であることは間違いない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/03/13 10:59
「インポッシブル」 圧倒的な映像と家族の物語
「インポッシブル」 圧倒的な映像と家族の物語  映画「インポッシブル」は2004年に起きたスマトラ沖地震を題材にしている。あの大津波も。。。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/02/20 12:03
ジャーニー/ドント・ストップ・ビリーヴィン 現代の神話。。
ジャーニー/ドント・ストップ・ビリーヴィン 現代の神話。。  1980年代のバンド「ジャーニー」は驚異的なヴォーカリスト「スティーブ・ペリー」脱退のあと低迷。その後活動を休止する。。。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/02/07 10:15
「ミスター・ノーバディ」 一見、パラレル・ワールドだが。。
「ミスター・ノーバディ」 一見、パラレル・ワールドだが。。  一人の男の幾通りもの人生をたどる物語。。というとSFチックな感じだが、それだけではない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/01/14 09:40
仲代達矢が語る日本映画黄金時代
仲代達矢が語る日本映画黄金時代  私にとってちょっとミステリアスな男優であり「無名塾」を主催する仲代達矢氏が語る自らの俳優人生。著書は映画史、時代劇研究家の「春日太一」氏。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/01/05 08:50
「シュガーマン」奇跡に愛された男(2012)
「シュガーマン」奇跡に愛された男(2012)  日本でもアメリカでもまったく無名の音楽家「ロドリゲス」を追ったドキュメンタリー。何故彼を探さなければならないのか。そして感動の結末。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/11/29 10:57
「永遠のこどもたち」 母親の哀しみ。。こどもたちの悲しみ。。
「永遠のこどもたち」 母親の哀しみ。。こどもたちの悲しみ。。  予備知識なしで見始め、開始早々のクレジット「GUILLERMO DELTORO prescenta」(製作総指揮:ギレルモ・デル・トロ)に、おおっとうれしくなった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2013/11/15 09:58
「別離」 娘の視線。。。
「別離」 娘の視線。。。  イランの映画「別離」は興味深い映画だ。政治形態も宗教もちがう異国の話だが、暮らしている庶民の悩みは世界共通。そして人間の思いは同じ。。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/11/07 09:13
「永遠(とわ)の語らい」 悠久の歴史の果てに。。。
「永遠(とわ)の語らい」 悠久の歴史の果てに。。。  1908年生まれの現役最高齢と言われるマノエル・デ・オリヴェイラ監督による2003年のポルトガル映画。ラストが衝撃的。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/10/25 07:30
「キャビン」 ホラーというより。。。。
「キャビン」 ホラーというより。。。。  「キャビン」という映画はおそらく評価が分かれるだろう。前半のホラーと後半の驚きの展開と。。。面白いという人とくだらないという人と。。。私は結構楽しめた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/10/04 11:04
「月光仮面」を創った男たち
「月光仮面」を創った男たち  まだギターも知らずビートルズも現れていない頃、つまり、私が小学生の頃って「月光仮面」に夢中だった。日本中の子供たちがそうだったと思う。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2013/10/01 09:00
「ライフ・オブ・パイ」 トラは神なのか。。
「ライフ・オブ・パイ」 トラは神なのか。。  渡航中嵐に巻き込まれ、奇しくもベンガルトラと同行することになってしまった主人公の漂流譚と思っていたが。。一応そうなのだが。。。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/07/11 10:11
「白雪姫と鏡の女王」 鏡よ、鏡よ。。。
「白雪姫と鏡の女王」 鏡よ、鏡よ。。。  ハリウッド映画には童話のジャンルがある。「スノーホワイト」に続く白雪姫ものだが、こちらのほうが何気に面白い。予備知識もなく観たら監督がターセム・シンと知って納得。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/06/16 09:45
宇宙人王(ワン)さんとの遭遇 - イタリアの事情
宇宙人王(ワン)さんとの遭遇 - イタリアの事情  不思議な映画である。B級ティストの予感もする。しかも、邦題とポスターなどで最初からネタバレしまくっている。しかし。。。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/02/07 11:31
Che and Merilyn
Che and Merilyn  タバコとのつきあいは東京に出て来てからだから、20歳のときからだ。気がつけば自分の身の回りの喫煙者は少なくなった。「まだ吸ってるのかい?頑固だなあ。。」と言う人もいる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/10/31 11:28
「映画は父を殺すためにある」という本
「映画は父を殺すためにある」という本  札幌に滞在しているとき、手持ちの本を読み終えてしまったので町まで本を探しに出かけた。狙い目の本は他にあったのだが、偶然この本を見つけなぜか興味を惹かれた。映画のことを題材にしているということもあった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/07/10 08:52
ビートルズ・ミュージカル「アクロス・ザ・ユニバース」
ビートルズ・ミュージカル「アクロス・ザ・ユニバース」  気になっていた、ビートルズ映画?「アクロス・ザ・ユニバース」をやっと観た。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/05/19 10:53
音楽映画はいい! 「オーケストラ!」 (2009 仏)
音楽映画はいい! 「オーケストラ!」 (2009 仏)  名門オーケストラの元天才指揮者が、ひょんなことから昔の仲間を中心にオーケストラを再結成し、かつての栄光を取り戻そうと奮闘する姿をユーモラスに描いた感動音楽ドラマ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2012/02/09 01:02
ちょっと驚いた映画「エスタ−」
ちょっと驚いた映画「エスタ−」  原題「ORPHAN」(孤児) 製作年/国 :2009年/米 配給:ワーナー ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/12/09 01:48
予想?を裏切る映画「エンジェル ウォーズ」
原題:Sucker Punch 製作国:2011年アメリカ映画 配給:ワーナー・ブラザース 監督・原案:ザック・スナイダー 製作:デボラ・スナイダー、ザック・スナイダー 脚本:スティーブ・シブヤ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/09/01 08:23
も一度観ましたよ 「Back Beat」
 Back Beat 1994年制作 イギリス映画。 イアン・ソフトリー監督。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/08/04 01:03
ノーウェアボーイ やはり主役はジョン・レノン
 ノーウェアボーイ ひとりぼっちのあいつ 原題「Nowhere Boy」 2009年 イギリス映画 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/06/20 22:30
ベンジャミン・バトン 人間が普通に年老いていく映画
原題: THE CURIOUS CASE OF BENJAMIN BUTTON 製作年度: 2008年 監督:デヴィッド・フィンチャー ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/11/23 11:39
映画に出たことがある
 このブログでは音楽のことや鑑賞した映画の感想などの二本立てでいこうと構想していたのだが。。。    気がつくとどうもバンド活動の話が多くなってしまう。なーんでかな?と悩み考察する日々が続いた、約一日だけど。。。  我思うに、音楽聞くのも映画見るのも大変好きだが、それは人の作ったものを鑑賞しているだけなんだな。自分はやっぱり自分で何かをやっていることが好きなのだ。何かを作り出すことが好きなのだ。そう思うに至った。  昨年もロッド・スチュアートの武道館ライブを、家内、娘、甥っ子と一緒に見に... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/04/24 12:48
我が一生ものの映画「アラバマ物語」
 高校生の頃、レコード鑑賞会の友人(前にも書いた、レコードをいっぱい持っている男)が、ある日彼の父親がらみで映画の招待券を入手したので一緒に行こうと言う。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/04/18 20:03
初めての映画鑑賞
 小さいときからよく映画を見に行った。昔はテレビもなく娯楽といえば一日中鳴っているラジオや家族で行く映画だった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/04/08 23:47

トップへ | みんなの「Movie Room」ブログ

吉田隊長の後悔日誌 Movie Roomのテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる