アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「オリジナル曲」のブログ記事

みんなの「オリジナル曲」ブログ

タイトル 日 時
「薔薇屋敷」は「わが青春のマリアンヌ」
「薔薇屋敷」は「わが青春のマリアンヌ」  大学時代に作った「薔薇屋敷」という曲。。まるで少女趣味のような歌。。とずーっと無視していた。。しかし最近気が変わった。。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/10/18 11:10
風のない街
風のない街  この曲だけはリメイクしない。。と思っていたが。。70年代の録音はカルロス黒沢のギターアレンジが秀逸。。これを無下にしてはいけない。。と。。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/09/20 11:15
ジェットで帰ろう
ジェットで帰ろう  自分にとっては懐かしい曲。。その昔のライブでは「つむじ風」か何かの曲とメドレーにするのがお決まりだった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2017/08/11 09:30
幸福の条件
幸福の条件  1970年代から一曲。。「幸福の条件」と書いて「しあわせの。。」と読ませる。。これも若気の至りの勢いにまかせて作ったもの。。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/07/06 08:59
オークション・ブギ
オークション・ブギ  「きだたいし」によると「買物ブギ」「賣物ブギ」に続くは「オークション・ブギ」なのだそうだ。。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/06/08 10:16
海の底から
海の底から  ん?歌謡曲っぽいな。。っていうか歌謡曲を作ろうとしたんだから。。昔々。。の話なんだが。。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/05/03 09:48
私鉄の街
私鉄の街  「きだたいし」提供の詞。。メロディーに乗せるため、かなりいじくっているが。。そこは換骨奪胎。。でも結局40%くらいは私の補作詞かな。。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/04/05 08:15
秘密の言葉
秘密の言葉  いろいろな友人たちがいるがバンド活動の一番古い友達は「カルロス黒沢」。。私の大学時代の作曲の趣味を知っているのは「きだたいし」。。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/03/16 09:13
うらまど
うらまど  懐かしき1970年代の作品だがもともとはアルバム中のつなぎ曲的なイメージのつもり。。それがあの頃は思いがけない大作になってしまって。。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2017/02/28 16:17
風は西から
風は西から  新作アルバム「Yellow Letter」はライナーノーツ代わりの一文を「きだたいし」にお願いする。。という方向に。。デイブ・ディラン氏もそのように推薦。。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/02/16 09:35
イエロー・レター
イエロー・レター  この曲のタイトルだけは先行して思いついていた。。そもそも新しいアルバムのタイトルとして。。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/01/31 09:29
エブリィタイム・エブリィウェア
エブリィタイム・エブリィウェア  この時代ますます便利になっていく。。メールに添付して音楽まで送れる。。「きだたいし」からmp3ファイルで一曲送られて来た。。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2017/01/11 10:48
ラスト・メール
ラスト・メール  新たに送られてきた「きだたいし」の詞にはコミカルなものとシリアスなものとがある。。この「ラスト・メール」は後者の代表かな。。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/12/26 09:32
白い影
白い影  大学生の頃作ったオリジナルのうちの一曲。。自分ではこの曲はなかったものとしていたのだが。。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/11/28 09:43
小春日和
小春日和  とてつもなく寒い日などひょっとしてもう冬になってしまったのだろうかと思ってしまう。。しかし久しぶりに晴れた日はやっぱり秋晴れ。。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/11/16 07:33
あの夏の流星たち
あの夏の流星たち  退院してからすぐに作った曲だが。。こりゃダメだ。。失敗作!と自らダメ出し。。オクラ入りにしていた。。ほぼ二年前(2014年12月)のことになる。。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/10/31 09:49
丼感情
丼感情  前作CDによって思わぬ展開。。作詞者「きだたいし」にも当然送ったところ元気なメール返信。。後日。。宅配便が届く。。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/09/29 10:26
海だぜ
海だぜ  「きだたいし」の創作ノートの中には少年のような感性の作品があった。。あの頃は大人になる一歩手前の時代。。海にも山にも感動していたのだ。。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/09/17 17:45
私はカルメン
私はカルメン  いっとき昔作った曲を手がけているとそのムードに染まってしまう。。こともある。。「勝手にご当地」ソングか、世界観光巡りか。。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/08/28 09:05
アドリアの海
アドリアの海  ご当地ソングは楽しいものである。訪れた先の印象を歌にするもよし。。行った気になって歌ってみるのもよし。。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/07/31 08:41
しゃぼん玉
しゃぼん玉  大学時代の仲間「きだたいし」の作詞の原点は童謡とか唱歌にある。。初めて見せられた詩集にはそんな心が溢れていた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/07/15 07:47
ペルシャの猫
ペルシャの猫  大学時代には「きだたいし」のおかげで様々なタイプの曲が。。この「ペルシャの猫」。。詞も独特なので一風変わったものに。。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/06/29 08:27
水崎(みずさき)音頭
水崎(みずさき)音頭  人様の作品のアレンジには意外と神経を使うものだ。。果たして作者の意に沿うものができるのかどうか。。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/06/17 08:14
風とぼくと口笛と
風とぼくと口笛と  大学卒業してから「きだたいし」はこんな詞をふらりと持ち寄った。。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/06/01 08:10
ポカポカ
ポカポカ  大学生活も終わりの頃。。あるサークル?に誘われた。。男女あわせて20人くらいの目的不明の同世代集団。。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/05/16 09:10
新作オリジナルCDと「悲しみのマドンナ」
新作オリジナルCDと「悲しみのマドンナ」  待望?の新作CDは「きだたいし」と共作していた頃の曲で構成。。このコンセプトはデイブ・ディラン(山根)氏のご意見によるところが大きい。。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/04/30 09:35
愛していると云ってくれ
愛していると云ってくれ  この曲の起源は大学時代にさかのぼる。。もともとは違うタイトルの曲だった。。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/04/14 08:27
やけっぱちブギ 2016
やけっぱちブギ 2016  これはリメイクするかどうかかなり悩んだ曲だが、、チャレンジしてみるのも悪くはないかな。。と。。。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/03/29 08:41
花のように
花のように  大学時代の作曲を振り返る今日この頃なのだが。。明らかになったことが一つ。。あの頃はイメージだけが一人歩きしていて実際には曲として完遂されていなかったものが多い。。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/03/16 08:43
さびれた街はクリスマス
さびれた街はクリスマス  昨年12月。。創作ノート眺めていて自分にもクリスマスソングがある。。と気づいたが時すでに遅し。。クリスマスの発表?には間に合わない。。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/02/28 08:02
さみしげなジョニー
さみしげなジョニー  大学一年のときの曲を思いだすとあの三畳一間の下宿部屋が脳裏に浮かぶ。。あの家は今はもうないのだ。。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/02/16 08:47
僕とロバと
僕とロバと  昔の創作ノート?を見ていると思わぬ発見をすることもある。。昔はどうってことなかったが、今ならこれ面白いかも。。と。。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/01/31 08:34
池上本門寺
池上本門寺  大学時代は作詞家?の「きだたいし」とコンビで曲を作っていたが、卒業後もそんな交流は続いていた。。。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/01/15 09:02
イングリッドの森
イングリッドの森  大学時代に作曲していた「ご当地ソング」の代表作。。北欧はフィンランドが舞台。。って行ったことあるのかよ! ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/12/31 08:16
昨夜(きのう)の雨
昨夜(きのう)の雨  オリジナルCDのライナーノーツをデイブ・ディラン(山根)氏にお願いしたのはいいのだが思わぬおまけがついてきた。。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/12/19 09:50
ノベンバー・リバー
ノベンバー・リバー  大学一年のときの作曲。。「きだたいし」と知り合ってその詩集に手当たり次第メロディーをつけた頃。。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/11/29 09:46
オリジナルCD三作目。。「想い出だけじゃない」
オリジナルCD三作目。。「想い出だけじゃない」  あの入院さえなければもう一年くらい早く作っていたCD。。オリジナル・アルバムとしては三作目になる。。まったくもって楽しい趣味だすが。。。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/11/15 10:11
午前零時のサンバ
午前零時のサンバ  昔々。。ギターとベースで一生懸命録音していた。。ドラム音源ROLAND「TR-606」も大活躍。その曲今回は「GarageBand」で再演。。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/10/24 09:10
イフ・アイ・ゲット・ユー
イフ・アイ・ゲット・ユー  我が人生で最初に作曲した曲。高校二年のときだった。。以前にこのブログでも当時の録音を載せたことがある。。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2015/09/30 09:20
晴れときどき涙
晴れときどき涙  もう、この青空は秋晴れだろう。。万人が晴天の日を好むと思う。。この私とてその例外ではない。。。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/09/14 08:55
「Slow Train Running」と「長州ファイブ」
「Slow Train Running」と「長州ファイブ」  高校生の頃は今が幕末の世なら自分も維新の志士として歴史に参加し生きがいもあるだろう。。と憧れに近いものがあった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/08/29 08:50
アネモネ
アネモネ  大学生のとき杉並区に下宿していたことがあり、その一階の大家さん宅には美人三姉妹がいた。。。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2015/07/25 09:06
ああムンバイに雨が降る
ああムンバイに雨が降る  入院なんかする前にできあがっていた曲の一つ。。いつ歌を録音に行くかな。。と様子見のうち腰痛となりにっちもさっちもいかなくなった。。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/06/25 09:13
真夏のアクアリウム
真夏のアクアリウム  一年前は手術後「足が動かない!」とショックを受けながらも絶望感を周囲に見せないよう平静を装っていた。。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/05/30 09:05
悲しきジプシー・アイ
悲しきジプシー・アイ  歌を創ること。。演奏すること。。歌うこと。。を止めるわけにはいかない。。。この一年我慢我慢だったな。。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/04/29 09:19
花火
花火  昨年末の身辺整理の際に発見した昔の「オリジナル曲集」に載っていた曲。ああ、こんなんあったな。。。と。。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2014/04/13 10:08
水玉ドレスの女の娘
水玉ドレスの女の娘  札幌をはじめ北国の冬は長くてきびしい。しかし寒さの質という点では東京のほうがつらいものがあるのだ。私に言わせれば東京の寒さは見事に意地悪。。でも春はもうすぐ。。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2014/03/16 09:20
ワイルド・フラワー
ワイルド・フラワー  「花」という曲を創ったのは高校生の頃。それを初めて録音、レコード化したのは上京した大学生の頃だ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2014/02/17 09:10
栗色のナンシー
栗色のナンシー  昨年末の「OXYGEN8」の顛末には一時は冷や汗かいた。。。Macの場合、新しいOS「Mavericks」は無償なのだが怖くてアップグレードできない。。。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/01/17 00:25
いいですか?
いいですか?  「Band in a Box」とGaragebandの組み合わせで、おっ曲が作れるぞ!と発見した頃の曲。なんとなく最初からタイトルは「いいですか?」と決めていた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/12/30 09:51
北夏物語
 パソコンで歌を作るときファイル名にその年月などを記している。この曲の最初のファイル名は「1111_Blue Blue Sea」だった。つまり2011年11月。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/12/17 08:40
だけど君が好き
 これも昔作った曲。若さいっぱいだけど恥もいっぱい。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/05/16 11:00
夜霧の二人
 久々にスタジオに行ってきた。今夜も町会の三役会があるというスケジュールであるが、自分の好きなことにも邁進しないとやっていけない。そんな感じだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/03/27 01:13
春なのに(Spring Break)
 この曲は昔、ライブで散々やった曲だがスタジオ・バージョン?がない。昔、できた曲を伝えるため自演のデモテープを仲間に聞かせていた。その録音もどこに行ったのやら。。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/12/11 00:38
アザレアの花
 ここんところ風邪気味で、数日寝込んでしまった。これじゃいけない!と一念発起してスタジオに録音に行くことにした。安静にして病を治すのとは逆の方向で、自分でもよく分からない決断だ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/11/22 18:53
なんてすてきな朝だろう
 今日はすっきりと秋晴れ。暑くもないし寒くもない。そういえば「なんてすてきな朝だろう」という曲もあったな。。。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/10/02 18:59
幻のナンバー「永山レィディ」
 おかげさまで大盛況だった「永山フェスティバル」だが、個人的には心残りが一つある。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/09/28 00:23
アンブレラ・ガール
 関東地方も梅雨入りしたと思われるとのことだ。そういえば雨にちなんだ曲もある。これは、大学で「きだたいし」と出会った時期に作ったものだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/06/09 17:19
 最近、大学の頃に作った曲に目が向いている感じ。きっかけは、「五月の空」を再録したことだ。あの頃にタイムスリップしてしまったような。。。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/05/15 09:30
五月の空
 パソコンミュージックについて書いた記事で自作曲のメドレーを載せたが、そのメドレー中で、この曲が妙に印象に残った。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/05/07 23:53
夕陽に背を向けて
 八王子に引っ越してきて印象的だったのは夕焼けの美しさだった。山々が広がり夕日が映えるということもあるのだろう。女房も「山が見える風景っていいね。」ということだった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/04/23 15:42
OUT !
 これも相当昔に作った曲。作ったというのか。。。。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/02/27 00:06
明日天気になれ
 いきおいにまかせて作り、録音してきたオリジナル曲も相当数になったので、CDにまとめることにした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/01/18 10:06
君といつかは
 今に至るまで歌詞もメロディーもなく、ただ曲想とカラオケのみが残っていたという曲は多々あるのだが、おそらくこの「君といつかは」という曲は、その中でも相当古いものだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/01/12 21:45
青いりんごをかじった夏
 11月23日の記事でBand-in-a-Boxでの試作曲を載せたが、早々と完成させることができた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/11/30 22:24
古いアルバム
 札幌の昼間は父親の施設に顔を出し散歩や買い物に連れ出すが、夜、一人でどう過ごすかが問題。父親の医療費など計算しても一晩で終わる。そこで歌詞の創作に費やすことにした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2011/11/02 01:13
アストリッド・ローズ
 8月10日に「ビートルズが愛した女 アストリット・Kの存在」という記事を載せたが、その中でこの本に感銘を受けた私は「アストリッド・ローズ」という曲を作った。と書いた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/10/05 00:18
ピストル片手に
 そろそろ八月で、そろそろお盆の雰囲気となる。そんなわけで本日女房は実家に帰った。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/07/29 22:25
悲しき街角
 今、所属するバンドはベンチャーズ・コピーバンドだから、ベンチャーズしかやらない。そのベンチャーズ自身が膨大な数の曲のカバーを行っている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2011/07/01 09:14
つむじ風
 5月17日に市民センターで自作曲を録音してきたときのもう一つの曲が「つむじ風」という曲だ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/06/07 18:00
壮大なる実験?(音声ファイル付き)
 5月17日は何も予定がないはずだったので、あらかじめ予約しておいた市民センターに午後行くことにした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/05/18 01:47
やけっぱちブギ
 本日は連休最後の休みということもあって?  実際のところは、実家から帰ってきた女房の号令の下、家の中の大整理を行った。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2011/05/08 22:43
まだあった!発掘音源? 発掘映像?
 予定していた音楽イベントなどがこの時節柄、軒並み中止となり、このブログにもそのあたりの話題(こんなでしたよ。とか)を載せることができない。しかし、イベントが中止になったりするのは、しかたのないことだし特に不満があるわけではない。  余震も続くし、原発事故も期待するほど結果が出ない状況が続いている。一ヶ月経っても有効な進展が見えないようではやはり深刻だということだ。じっと耐えつつも前に向かって進まなければ。。。。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2011/04/18 01:48
西武沿線異常なし
 2010年5月25日に載せた「自宅録音は楽しいか?」の記事は黒沢氏と奮闘した録音や全く一人で格闘した自宅録音などについて書いたものだった。とは言っても、もちろんすべての音源を公開したわけではなかった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/03/20 10:09
夢をかなえる機械
 マルチトラックによる自宅録音も長男が生まれてからは次第に遠慮するようになった。赤ん坊の頃は寝た子を起こしちゃいけないし、起きたら起きたで、早く大きくなれと食わしていかなければならない。  息子が二歳くらいになった頃、もうそろそろいいかなとレコーダーの電源入れるとすっ飛んできてマイクひったくりビービー歌いだすので、ああ、もうあの時代は完璧に終わったなと感じた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/06/03 23:59
自宅録音は楽しいか?
 オリジナル曲を作ることに夢中になっていた頃、作った曲がある程度の数になるとテープレコーダーに録音した。4トラック、1モーターのオープンリール機で、黒沢も私も2台ほど持っていた。この頃はまだカセットテープレコーダーもあまり普及しておらず、音楽録るならやはりオープンリールでという時代だった。  この頃、黒沢は映画関係の録音会社、○○プロモーションに勤めるようになっており、彼の持つノウハウと技術力は貴重なものだった。彼の考案した録音方法は以下のとおり。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2010/05/25 22:56
気分はバングラデシュのコンサート
 とりあえず大学は卒業したものの音楽をやっていた。  就職したくてもできないとか就職することを否定していたわけでもない。いろんなことをやり忘れている感じがして、とりあえずモラトリアムに浸っていたような感じだ。それでも生きていける時代だった。  とにかくやりたいことは音楽。気がついたら周りにはそんな人間がいっぱいいた。大学一年のときの上級生である「きだたいし」こと横田氏もギターが達者になり自分のバンドを作っていた。そして、しばらく彼のコンサート企画に付き合う時代があった。 ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/05/16 12:17
ドラムのいないバンド
 大学生活が始まって私が最初に取った行動は、まずフォークギターを購入することだった。池袋の丸物デパート(今はパルコになっているみたい)の何階かに正体不明のギターが売られていた。ヘッド部に貼られたシールをそっとはがしてみると「HOTAKA」と書いてあった。  「おお、ホタカのギターか!」と購入した。訳あり商品、アウトレットみたいなもので安かった。    大学の放送研究会に入り演出部に属した。  部の合宿で蔵王に行ったときギターも持参した。  各部(演出部、アナウンス部、技術部など)が発... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/05/08 12:33
その後のゲートルズ
 高校生活も三年生になると周りは大学受験モードに突入していった。通っていた高校は一応進学校であったので、実はもっと前から自分たち以外はそうであったのかもしれないが私とゲートルズはすでにそのウェーブに乗り遅れていた。  私の場合、理数系がまったくダメなのに国立一期受験を義務づけられてつらかった。この高校は北大を受験することが当たり前という雰囲気だった。私は最初から諦めモードだった。テンションがあがらない。およそ自分のこととは思えなかった。周りからすっかり色が消えた。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 4

2010/04/20 20:29

トップへ | みんなの「オリジナル曲」ブログ

吉田隊長の後悔日誌 オリジナル曲のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる